相性を知ることは今の時代を生き抜くための処世術のひとつです。

FrontPage


世界は相性でできている。

同じことをAさんから言われても腹が立たないけど、Bさんから言われるとなぜかむかつく!
過去にそのようなことはなかったでしょうか。
それは相性から来ています。
同じ言葉を発せられても、人の受け方というのは異なります。


Googleなどの人事採用で画期的だったのがこの『相性』です。
この相手とうまくやっていけそうかが決め手となり採用に至るのです。
スキルがある。キャリアが申し分ない。
それだけでは仕事は円滑には進まないのです。
そこには風通しのいい人間関係を築けるかどうかが大きなカギになってきます。
そして仕事だけではなく人間関係全般において社会とのパートナーシップが作れるかはこの『相性』にあります。

コミュニケーション能力をいくら上げても『相性』が合わなければうまくはいきません。
自己啓発本では『合わない相手とどうすればいいか』といろいろその手法が書かれていますが、いくつか試してはみたもののうまくいかなかったと思う方も多いのではないでしょうか。
ましてや相手は変わらない。
自分を変えると言っても、自らを抑えてまでの人間関係の維持はストレスが溜まる一方で逆効果になります。
ダメなものはダメなのです。
いろいろなストレスがありますが、仕事であっても最終的には人がらみというのがほとんどではないでしょうか。
家族間、仕事上、知人間などの人間関係の悩みなど、この『相性』の悪さで悩んでいる人がとても多いのです。
その溝はなかなか埋まらないものです。
あなたもそのような経験がありませんか。

この相性学をベースに悩みの多くが関わる人間関係について相談、アドバイスを行っています。
タイトル部分にもありますが、電子書籍を読んでいただいた後に個別相談をメールで受けています。
詳しくは本を読んで相談!を参照ください。

また相性学というのは人だけではなく、良い時、悪い時などの日時の『相性』(タイミング)にも応用が利きます。
今日は何かズレがある。
人によってはそれを「運がいい」「運が悪かった」などというとらえ方をする人もいるでしょう。
これも時との『相性』です。
月の影響を人や地球が受けることと同じで、ある周期で関係しているものです。

同じように土地などからの影響も『相性』といえます。
移転、引っ越した場所によって体調がすぐれないなどその影響を受けている可能性もあります。
昔から言われる「水が合わない」というのは深い意味を感じます。
身体のセンサーが敏感な人ほど土地の影響は受けやすいものです。

このように人というのは思っている以上に万物の影響を受けていることに気づかなければなりません。
ただその受けている影響を数値化できないことが「わからない」だけであり、五感は正直に反応している結果がそこにあります。
スマホにデーターや電話が入る。
しかしそれは肉眼では見えませんが、確実に空気中を移動しています。
これも見えないけれども、結果によってその存在を知ります。
電磁波の影響なども問題になることがありますが、国内ではうやむやに終わってしまうことがあります。
ところが国によってはいろいろな規制を設けていたりします。
つまり見えない、数値化できないだけで片付けるのではなく、自分なりの視点をもつということがこれからはより重要になるでしょう。
そしてこの『相性』というものを理解することはあなたにとって決してマイナスになることではないと思います。

『人』『時』『土地』に関わる個別相談等がある場合はお問い合わせよりメールでお送りください。
なお有料相談が発生する場合は返信メールでその旨、お伝えします。

一般相談とは別に今までの仕事の関係から教師の方や看護師の方などとの接点が多くありましたので、別途「Tオンラインサークル」「Nオンラインサークル」を主宰しています。
個別に行っているのはその仕事特有の問題を抱えていることもありますが、クローズドな中で運営する個々のメリットも考えてのことからです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional