人間関係から派生する居心地としての環境ばかりではなく、その場所、土地における「気」をこの場合は示します。万物すべてのものが「気」を発していているからです。何度業種を変えて開業しても流行らない店のある場所といえばわかりやすいかもしれません。シャッター商店街も「気」が落ちた場所と言えます。そしてそれら「土地の気」はそこに住む人に対しても影響を及ぼすことが多々あります。