選択ミスをしやすいと思うあなたへ

選択をいつも間違える。反対側にすればよかった。

果たしてそうなのだろうか。

人は仮に二者択一だった場合、特に選択ミスと思ったことと反対の条件を美化しやすい。

なぜそうしなかったのだろうかと、長い間頭を抱える人がいる。

では別の条件を選択した場合になぜそれが正解だったと言えるのだろうか。おそらくある時点の比較でそう思ってるのかもしれないが、未来永劫それが正しく、選択を誤ったと言い切れるのだろうか。

人は何度となく選択肢を誤る。

そして正解だと思った答えにも誤りは常に含まれる。

その選択を選んだ途上でも誤りは発生する。

人生はバランスボールの上に乗っているような状態で常に不安定さを隠せない。

つまりどちらを選択してもその中には必ず誤りを残しています。

それはあなただからそうなるのでは決してありません。

人生とはそういうものだと割り切ったものが先に進めるのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

君子危うきに近寄らず

次の記事

相性談義その1