呼吸に意識がいっていれば大丈夫

頭がパニックになっている時。

気持ちがうつになっている時。

怒りが爆発しそうな時。

そのような時に思い出すことはひとつです。

それは呼吸を確認することです。

自分の中の身体感覚に違和感を感じている時、すべてを忘れ自分自身の呼吸に集中することです。

何も難しいことはありません。

ゆっくり吐いて、ゆっくり吸う。

それを何度も繰り返すことです。

その時、あなたの頭の中は呼吸の事しか考えていないはずです。

他のことが考えられなくなる瞬間を呼吸という行為が作ってくれます。

そして自動的な呼吸から意識した呼吸に替えるだけで頭の中に生じた怒りや悩みや幻想などが

消え去るものです。

こんなことを書くと怪しまれてしまうかもしれませんが、あちらの世界に行きそうになるのを

引き戻すのも呼吸です。

つまり自らに危険を感じた時は呼吸を確認することです。

どんな時も有効なので、忘れないでください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

相性談義その2